刈谷市 中部地区 | 刈谷市周辺の不動産をお探しなら株式会社堀田土地にお任せ下さい。

刈谷市 賃貸なら堀田土地

0120-131812

営業時間9:00~18:00定休日毎週水曜日・第2・4木曜日

日記
刈谷市 中部地区

写真は刈谷城の位置を現在の住宅地図に落とし込んだ物です。緑の線は当時の街道です。


刈谷市は『工業の町』と呼ばれています。



当時は中学校の校歌でもそう歌われていました。



地方都市で1兆円企業が数社もある都市はなかなかありません。雑誌による調査でも、財政健全化では全国1位にランクされています。この財政の良さを土地選びの決め手にされるお客様も多いです。



観光名所は何かあるの?と言われますと、正直困りますが・・・



私の住んでいるのは、司町です。中部地区と言われ、古くからの街並みが残った場所になります。亀城小学校に通っていましたが、今年で創立147年になります。

私が2年生までは校舎は木造でした。冬の給食時は室内の大きなストーブで瓶の牛乳を温めていた記憶があります。



また、亀城公園は、昔の刈谷城の跡地に作られ、数少ない桜の名所です。数年前には、亀城公園のすぐ近くに、歴史博物館が建築されました。



このような歴史的な跡地が至る所にありますので、歴史好きな方は散策するのも楽しいかもしれません。



私は、戦国武将が好きなんですが、刈谷市は2014年から『かつなりくん』をキャラクターに使ってます。



このキャラクターに使われている水野勝成って武将は、徳川家康の甥っ子なんですが、無双の強さを誇る武将だったようです。漫画で有名な、前田慶次にも劣らないような武将だと個人的には思います。



こんな司町ですが、地価は坪35万円~60万円まで幅広い取引となっています。これは、過去の水害に起因しています。



昭和34年の伊勢湾台風の際には、私の実家のすぐ下まで水害に見舞われたそうです。亀城公園の西側の河川敷には、伊勢湾台風の碑がありますよ。


その後は、東海大豪雨の際も全く被害はありませんでしたが、地盤が低い場所は地価が安くなります。



昔から住んでいる方が多かった中部地区ですが、刈谷市初のタワーマンションが建設されたり、新しい方が多く住むようになりました。亀城小学校の児童の数も増えたと聞いております。



堀田 秀隆








投稿日:2020/08/26   投稿者:-
過去の投稿